スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

道を開く 松下幸之助

(20日)世間は正しい

いい考えを持ち、真剣に努力を重ねても、なかなか世間に認められないときがある。
そんなときには、ともすると世間は間違っている、冷たいと思いがち。
しかしそれでは、みずからの向上は望めない。
世間は長い目で見れば正しく暖かい、そう肝に銘じつつ、精一杯の努力を重ねたい。

スポンサーサイト

2008.08.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日々の言葉

道をひらく 松下幸之助

(19日)困っても困らない

困難に出会うと、人はともすれば慌てたりうろたえたりしがちである。
しかし慌てても問題をさらに深めるだけ、うろたえてもさらに判断に迷うだけである。
大切なのは、心を萎縮させないこと、困っても困らないことである。
心を落ちつけ、希望をもって当たれば打開の道は必ず開けてくる。

2008.08.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日々の言葉

道を開く 松下幸之助

(18日)人の意見はまず感心して聞く
人の意見を素直に聞くのはなかなかむずかしい。
ともすれば感心するよりあら探し。
しかし、それではせっかくの意見もためにならない。
お互いに、人の意見はまず感心して聞くように心がけよう。
そうしてこそ、その意見が自分に役立つヒントとして生きてくる。

2008.08.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日々の言葉

道を開く

初めに本日更新予定の柿の生育写真をアップする予定でしたが雨のため
18日になる予定です。申し訳ありません

本日から毎日松下幸之助の道をひらくの中から日々の言葉を記載していく予定である
この松下幸之助氏の日々の言葉集は短いながらも大変勇気付けられる言葉である
出来れば毎朝読んでいただきたい

(17日) 苦情から縁が結ばれる
何か不満があっても、お客様が(ここの製品はもう買わない)と考えるだけで
何も言ってくれなければ、それでそのお客様との縁は切れてしまう。
しかし、苦情を言い、叱ってくださるお客様とはいまだ縁がつながっている。
誠心誠意対処すれば、かえって縁を深めることもできる。
苦情には、お客様との縁を深める。
好機と考えて当たりたい。

2008.08.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日々の言葉

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。