スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

柿・干し柿を使った食のいろいろ・亀田家問題発言をナマ音声で聞ける

柿ようかん
へたと種子をのぞいた良質の干し柿を使い、約30~40分間くらいむしてやわらかくなったものを、砕いてあめ状にする。これを樽つめ密封しておき適宜寒天と混ぜ合わせてようかんを作る。

柿漬け
干し柿を小指大に細切りにし、塩つけにして保存したしその葉で一個ずつ包み、瓶に白砂糖とともに詰め込み密封したもの。

みりん漬け
甘露柿と呼ばれ、干し柿をしその葉で巻き込みこれをみりんに漬けたものである。

のし柿
祇園坊などの干し柿の果肉を、求肥に練り込み短冊型にきったお菓子である。

濃志柿
透明なあめの中に、干し柿の果肉を砕いて混ぜ合わせ、ゼラチンで固めて短冊型に仕上げたもの。

(1日の出来事)

(国内) 新薬の承認期間を1年半に短縮=11年度までに-厚生労働相
舛添要一厚生労働相は13日、全国障害者スポーツ大会出席のため訪れた秋田市内で記者団に対し、「あらゆる新薬について承認期間を早めたい。5カ年計画で1年半にする」と述べ、新薬の承認までにかかる期間を、2011年度までに現在の4年から1年半に大幅に短縮する方針を明らかにした。このため、審査官を3年以内に400人に倍増する。

(経済) ニンジン・カボチャ・ワサビで酔える…野菜焼酎が続々誕生
ニンジン、カボチャ、ナス、トマト、ワサビ……。野菜を原料にした焼酎が各地で続々と誕生している。
多くは特産野菜のPRや規格外で売れない野菜の活用を狙う商工団体や農業団体などが仕掛けているが、大手メーカーも参入した。

(地域) 小6女児を8日間自宅に、20歳男逮捕…ネットで知り合う
小学校6年の女子児童(12)を8日間、自宅に連れ込んだとして、長崎県警諫早署は13日、大阪市福島区玉川2、会社員坂本優介容疑者(20)を未成年者誘拐容疑で逮捕した。女児は無事保護された。
調べによると、坂本容疑者はインターネットを通じて知り合った同県諫早市の小学校6年の女児を、6~13日までの8日間、言葉巧みに連れ出し、自宅マンションに連れ込んだ疑い。

(スポーツ)  亀田家ピンチ “最低最悪ファミリー”亀田家、反則指示してた!
元WBA世界Lフライ級王者で、大毅の試合のセコンドに入った長男・興毅(20)=協栄=にも日本ボクシングコミッション(JBC)の処分が及ぶ可能性が出てきた。12日、試合途中に大毅に反則行為を促した疑惑が浮上。25日に予定していたノンタイトル10回戦も急きょ中止が発表され、弟・大毅が敗れたWBC世界フライ級王者・内藤大助(33)=宮田=への挑戦計画にも影響がありそうだ。亀田ファミリーの負の連鎖が、興毅にも波及する。問題の場面は、敗色が濃厚となった11回開始前、赤コーナーに座る大毅の耳元で、興毅が「ひじでいいから目に入れろ」と声をかけた。この声は中継したTBSテレビで全国に流され、音声が“証拠”として残ってしまった。
反則行為の指示を指摘された興毅は12日、協栄ジムを通じて文書で反論。「オレの発言が誤解されているみたいやけど、あれは亀田家のボクシング用語で、ひじを上げてしっかりガードして、目の位置を狙えという意味」などと強調したが、苦しい弁明だ。
それではその場面の亀田家問題発言の肉声を聞かせてあげよう
とくとおききあれ!下記のアドレスをコピー&ペーストでお使いください
http://www.youtube.com/watch?v=jGZ8uaL1DGU&mode=related&search=

2007.10.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日々の出来事

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。