スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

柿の生育

もう4月1日、1年の3分の1が終了した。
4月1日エイプリルフール又いろんな行事が多い
新学年、入社式、新会計年度、トレーニングの日、不動産表示登記の日
児童福祉法記念日など他にもたくさんある。
その中でエイプリルフールというものは、罪のない嘘をついて良いとされる日。
日本では「四月馬鹿」とも呼ばれる。その昔、ヨーロッパでは3月25日を新年とし、4月1日まで春の祭りを開催していたが、1564年にフランスのシャルル9世が1月1日を新年とする暦を採用した。これに反発した人々が4月1日を「嘘の新年」として位置づけ、馬鹿騒ぎをするようになったのがエイプリルフールの始まりとされている。また、インドでは悟りの修行は春分の日から3月末まで行われていたが、すぐに迷いが生じることから、4月1日を「揶揄節」と呼んでからかったことによるとする説もある。
さて柿のほうだが、大変順調に育っている。下記の写真を見ていただけるとわかると
思うが、青々とした葉が沢山出てきている。
初出荷まで後約5ヶ月あまり。
このまま順調に育ってほしいものだ。「下記の写真をクリックしてください」



09_4_1.jpg  09_4_1_1.jpg  09_4_1_2.jpg  09_4_1_3.jpg


本日4月1日柿山に登る途中きれいだったので写真を撮りました。
09_4_1_4.jpg  09_4_1_5.jpg  09_4_1_6.jpg

2009.04.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | 柿の成長

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。