スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

柿・干し柿を使った食のいろいろその6生食にもこんな食べ方が!

甘柿の生食、干し柿の木菓子利用など、秋の味覚として柿の実を使った料理も数多くあり、特有の風味を楽しむことができる。
1.サラダ
甘柿をせん切りにし、レタス、キャベツ、白菜などとともにマヨネーズソース、フレンチドレッシング
であえる。干し柿をうすきりにして用いてもよい。これに干しぶどう,せん切りにんじんなどをくわえ
いろどりを添えるのもよい
2.柿なます
固めの甘柿を短冊に切る。大根、にんじんは厚めの桂むきにし、千切りにしたものを、昆布少量の入った塩水につけ、しんなりとするまでおく。これを固く絞りあげて柿とあわせ甘酢であえる。きゅうり、干しブドウ干プラムなどを入れてもよい。
正月のおせち料理には大根とにんじんを用いたダイコンなますが用いられるが、地方によっては
小正月には干し柿と大根、にんじんを用いた柿なますを必ず食べる風習が見られる。

(1日の出来事) 
(国内) 時効で失われた年金、8年間で2千億円超
社会保険庁は16日、2004~06年度の3年間で、年金の受給開始の請求が遅れたために、5年間の時効によって受け取れなくなった年金が、5万8355人分計886億円に上るとする推計を明らかにした。
すでに判明している1999年~03年度の時効分の年金計1155億円と合わせ、8年間で2000億円超の年金が時効で失われたことになる。

(国内)<寄付>南足柄市に現金10億円 88歳女性「教育振興に」
「教育の振興に役立てて」と神奈川県大磯町在住の無職、横溝千鶴子さん(88)が16日、同県南足柄市に現金10億円を寄付した。横溝さんは99年12月にも大磯町に5億円を寄付している。自治体への個人の寄付としては異例の高額。横溝さんは同市関本出身。寄付金は95年に87歳で死去した夫精彦(きよひこ)さんと厨房(ちゅうぼう)設備会社を経営し、四十数年かけてためたという。今回は、横溝さんの米寿の誕生日の16日に合わせて寄付した。10億円は五つのジェラルミンケースに入れられ、警備員が市役所の特別会議室に運び込んだ。見習え!政治家!

(海外)ペ・ヨンジュンさん手術へ
韓国の人気俳優、ペ・ヨンジュンさんがドラマの撮影中に重傷を負い、近く手術を受けることが16日、分かった。所属事務所によると、今月初め、ペさんはドラマ「太王四神記」の格闘シーン撮影中、頸骨(けいこつ)と肩の靱帯(じんたい)を痛めた。ドラマ撮影の終了後、来月初めに入院し、精密検査を受ける予定。

(コンピュータ)「新聞はなくなり、新しい形態になる」 Web 2.0提唱者オライリー氏
Web2.0がジャーナリズムに与える影響について、同氏は「Web2.0の影響を最初に受けるのがメディア産業」だとして、既存のジャーナリズムの枠組みには否定的な見解を示した。具体的には、購読料で収入の多くをまかなう収益モデルの見通しの厳しさを指摘、「新聞(Newspaper)はなくなるだろう」と断言、「オールドメディアにとっては自己変革するチャンス」と「出直し」を迫った。

2007.11.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日々の出来事

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。